人に言えないまんこの臭いについて

人になかなか聞けないまんこの臭いですが、自分で嗅げないからこそ気になります。私は特に生理中て性交渉中に、まんこが臭っていないか気になってしまいます。

生理中は、出血が人より多いため、生理中独特の臭いが周りの人に感じられていないかと心配になってしまいます。出血の量はコントロールできないため、ナプキンを小まめに替えることで、臭い対策をしています。

性交渉中のまんこの臭いが気になる

pisosh

また、性交渉中ですが、今までまんこの臭いについて男性に指摘されたことは一度もありませんが、なかなか聞けないので自分としては気になってしまいます。濡れた時の生臭さが気になるのですが、自分以外の他の女性を知らないので普通なのかどうかも分からず、一人で気になってしまいます。

性交渉の前は可能な限りシャワーを浴びるようにして、まんこを念入りに洗うようにしていますが、シャワーを浴びないで始める時などは臭いが気になってしまい、あまり行為に集中できなくなります。特に夏は蒸れやすく、汗もかくので気になります。

夏のまんこの臭い対策

bsihbs

夏のデリケートゾーンの臭い対策としては、下着にオリモノシートを付けるようにし、清潔を保つようにしています。また、下着自体もマメに交換するようにしています。そして、夏場はアンダーヘアを全部剃ってしまいます。蒸れないための対策ですが、それによってまんこの臭いも緩和されているように感じます。剃ることは見た目や文化的に抵抗がある人もいるでしょうが、衛生面ではとてもいいと思いですし、私はお勧めです。

また、デリケートゾーンを洗う時は、臭いが気になるからこそ石鹸でしっかり洗いたい気持ちになるのですが、流しきれず痒みを感じたり臭いがしたりと逆に不衛生な場合もあると、婦人科の先生に教えられてからは、石鹸は少量だけ使っています。それよりもぬるま湯で丁寧に手洗いすることを心がけています。

男性の性器が臭かったという経験はないのですが、女性は生理やオリモノなどの避けられない生理現象により、男性よりもデリケートゾーンが不潔になりやすく、臭いやすいのだと思います。だからこそ清潔に保つよう気をつけて臭い対策が必要だと思います。あまりにもまんこの臭いがしたら、性病などの病気になっている可能性がありますし、自分の通常のまんこの臭いというのをなるべく自分で把握できるように常に意識しています。