デリケートゾーンに細菌が繁殖するのが臭いの原因

まんこの臭いはワキガと同じぐらい強い臭いなので毎日のケアが大切になってきます。

デリケートゾーンは敏感なので汗を掻いただけでも細菌が繁殖してしまいます。細菌が繁殖してしまう量が多くなってしまうと、まんこも当然臭くなってしまいます。そのためデリケートゾーンになぜ細菌が繁殖すてしまうか原因を考えてみましょう。

まんこは通気性が悪くなって蒸れやすい環境

蒸れタオル
まずデリケートゾーンは常に下着を履いている状態なので通気性が悪くなって蒸れやすい環境になってしまいます。

そのためきつい下着を履いてしまうとデリケートゾーンが締め付けられてしまうので一段と通気性が悪くなってしまいます。そのためデリケートゾーンが高温多湿の状態となってしまって細菌が繁殖してしまいます。

生理の時に長時間同じナプキンを付けていて蒸れてしまう

ナプキン
次に生理の時に出血して臭いしてしまう事がありますが、ナプキンで更に臭いが強くなってしまう事があります。特に長時間同じナプキンを付けていて取り換えていないという人は間違えなくまんこが臭くなってしまいます。

ナプキンをしている時も蒸れやすくなるので注意しなければいけないでしょう。

まんこの臭いの原因は主に通気性が悪くなって蒸れやすい環境になってしまう事と、生理の時に長時間同じナプキンを付けていて蒸れてしまうという2つが挙げられます。そのためこの2つの原因を改善していくという事が必要になってきます。

  • 通気性が悪くなって蒸れやすい環境になってしまう事
  • 生理の時に長時間同じナプキンを付けていて蒸れてしまう

通気性が悪くなって蒸れやすい環境になってしまう時の対策は出来るだけ下着に気を遣うという事が大切です。下着のサイズは自分に合ったサイズを履くようにして家にいる時は少しゆったりした下着を履くようにするといいでしょう。またきつめにズボンでもデリケートゾーンが蒸れてしまうのでなるべくスカートなど通気性の良い服装をするといいでしょう。

長時間同じナプキンを付けていて群れてしまう時の対策は当然ナプキンを頻繁に取り換えるという事でしょう。

中にはナプキンを1日ごとに変えているという人もいますが、出来れば2~3時間に1回のペースで取り換えた方がいいでしょう。ナプキンは汚れがあまり目立たないですが、細菌はしっかり繁殖しているので気をつけましょう。

デリケートゾーンを清潔に保つために毎日しっかり洗うというのももちろん大切ですが、洗い過ぎてしまうと負担になってしまう可能性があるので手で優しく洗うようにしましょう。

またボディソープではなくデリケートゾーン専用ソープで洗うようにするといいでしょう。

デリケートゾーン専用ソープで洗う

バスタイム
まんこは、体の中でもデリケートな部分です。一般的に市販されているボディーソープなどで洗うのは止めましょう。

また、膣内の洗浄も大切です。膣内専用の洗浄剤で、定期的に洗浄し膣内を清潔に保つ事が大切です。

膣内の洗浄についいて詳しく紹介しているサイトがあるので、まんこの臭いの改善をしたいは参考にしてみてください。

日常生活で、まんこが蒸れてしまうのは仕方ないことですが、なるべく清潔に保つ事、正しい洗い方で洗う事を心がければ、まんこの臭いは改善していきます。