毎日の習慣で可能!まんこの臭い対策

女性なら絶対に1度は悩みますよね、デリケートゾーンの臭い。

jbdi

同性の友人にでも家族にでさえ、まんこの臭いについてとなるとやっぱり話しにくいものです。私はどうしても生理中の臭いが気になってしまいます。

生理中は感度が敏感になりやすいと言われていますから、普段ならば気にならないものでも臭いが気になるという部分もあると思いますが、血なまぐさい何とも言えない不快な臭いに悩んでいました。

ナプキンをマメに取り替えること

そこで対策として選んだのは、本当に単純なことですがナプキンをまめに取り換えること。経血のついたナプキンは時間とともに雑菌が繁殖して臭いのもとになってしまうんだそうです。確かに夏場のほうが冬に比べて同じ時間経ったとしても臭いが気になる気がします。なので、臭うほど雑菌が繁殖する前に清潔なものに切り替えるように徹底しました。

効果はてきめんで生理中のまんこの臭いは、今はさほど気にならなくなりました。

しかもこの方法は生理中じゃない時にも応用がききます。生理のときほどじゃなくても雑菌は必ずあって時間に比例し増えていきますから、おりもの用のシートを常に使用しナプキン同様こまめに交換すること。こうすることで1日同じ下着をつけていながら、何度も新しい清潔な下着に着替えているのと同じ効果になります。

おトイレの時にはビデを使用し清潔に保つのもおススメです。ただしビデを使いすぎると必要以上に菌が根絶されて、本来の膣のバリア機能が損なわれる可能性があるので注意が必要です。何事も適度にが大切です。

お風呂のケアも大切

毎日のお風呂でのケアも大切です。指の腹を使って傷つけないように、しっかりと立てた泡で優しく丁寧に洗い清潔を保ちましょう。ポイントはシャワーなどでしっかり泡を流すこと。これが不十分だと雑菌の温床になってしまうので要注意です。

ビデの時もお風呂上りにも言えることですが、しっかり拭いて乾かしてから下着をつけましょう。水分が残っていても菌は繁殖しやすくなり臭いのもとになってしまうからです。

こうして雑菌を極力増やさない習慣を身につけることで、気になるデリケートゾーンの臭い悩みはだいぶ解消されます。臭いは清潔度合いのバロメータとなっていたんですね。

特別な道具が必要でもなく費用がかかるわけでもない、本当に日常のなかで少し意識的に取り入れればいいだけのものばかりですので非常におススメです。